宮城県インターネットサービス協会(AMISP)
ホーム 協会について 活動内容 会員一覧 リンクお問合せ

インフォメーション

事業者・管理者向けネット上の違法有害情報流通の現状と防止対策
及びIPv4枯渇とIPv6導入への課題対応 セミナー

 昨今、急速にネット上の違法有害情報に対する対策が叫ばれる一方で、憲法等で保証された
表現の自由や国民の知る権利への侵害、及び各方面への萎縮効果も懸念されています。
 本年のセミナーでは、はじめに、それらについて個別且つ包括的に日本の現状とこれからに
ついて社団法人日本インターネットプロバイダー協会(通称:JAIPA)の副会長で、この問題
の担当をされてきた立石氏から説明していただきます。
 次に、種々の対策にもかかわらず枯渇が話題になっているIPv4について、JAIPA行政法律
部会長の木村氏より、“枯渇の現状と対応”及び“枯渇した時の事業者と利用者への影響”などに
ついて説明していただきます。
 以上2つのテーマについて、当会員企業並びに関係機関の担当者を対象にセミナーを開催します。

申込書をダウンロードしご記入の上、FAXまたはメールにてお申込み下さい。

実施日 2011 年1月19日(水)
時間 14:00〜17:00 13:30 受付
場所 仙台サンプラザ「パール」(1F)
参加費 無料(行政、インターネット関連事業者など)
主催 宮城県インターネットサービス協会(AMISP)
後援 宮城県高度情報化推進協議会
主催者挨拶 AMISP  晋山 孝善 代表理事
来賓挨拶 総務省東北総合通信局 情報通信部 電気通信事業課
広瀬 毅 課長
講演

インターネット上における違法有害情報の現状と法的規制および 通信の秘密等に関する課題

【講 師】
社団法人日本インターネットプロバイダー協会
副会長 立石 聡明 氏
【概要】
違法情報と有害情報の差、及びこれらの情報に対応する技術的方策やその問点及び特に児童ポルノ流通防止対策に関わる関係機関の動きや法的課題について。

2 ―IPv4枯渇とIPv6導入への課題―

【講 師】  ニフティ株式会社開発推進室担当部長
社団法人日本インターネットプロバイダー協会 会長補佐 兼 NGN-WG主査
木村 孝(きむらたかし) 氏
【概要】
2011年2月には枯渇すると話題になっているIPv4の現状と枯渇対応について

 

↑ページ上部へ

Copyright © Association of Miyagi Internet xService Providers